住宅・工務店・リフォーム・不動産業界向け売れる広告作り

基本はお客様目線

2021年4月23日

「この分譲地が売れないから、相談に乗って欲しい。」という依頼がちょこちょこあります。

お話を伺うと、言われるほど、物件に悪い点がない場合もあります。

売主の思い込みで、その物件の良い点が表現されていない事が多々あります。

その際は、その物件の良さをストレートに伝えれば、売れていきます。

いわゆるお客様目線で客観的に判断するわけです。

(実は難しいですが・・・。)

売れない物件で変えられるところは、「価格」と「広告」だけです。

価格を下げる前に、広告を考え直してみるのは大切な事です。