住宅・工務店・リフォーム・不動産業界向け「A4」1枚アンケートから反響ある広告作り

夫婦二人暮らしに絞り込んだ宅地チラシ

2021年6月11日

なかなか、売れなかった宅地のチラシです。

「散々、チラシを折込んできたけれども、売れない宅地があるから、力を貸して欲しい。」と言うご相談でした。

場所を聞いてみると、決して、悪いところでは無さそうです。

住所から想定すると、逆に「なぜ、売れないのかな?」と思える立地でした。

また、現地で土地を見たところ、ますますその思いが強くなりました。

●自動広告原稿完成シートで原案を作成


自動広告原稿完成シートでこの宅地の原案を考えると、

①主要駅は、徒歩圏内にあるし、小学校や買物施設も徒歩圏内にあり、利便性が高い

②南面道路で間口も約16mと広いので、建物プランも施主様の好みに合わせて、自由に建てられると判断しました。

 

※自動広告原稿完成シートとは・・・

Amazonブックランキング総合1位、Amazon日本上陸15年「売れたビジネス書50冊」に、ランクインした岡本達彦氏の著書『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』の理論を取入れた広告作成法のひとつです。特許取得済みの複写式のシートもしくはWEBシステムを使って、自社の一番のお客様になったつもりでアンケートに答えていくと、売れる広告が出来上がる広告作成法です。

●平屋プランを提案


「今まで散々、告知はしてきた。」と聞いていたので、ただ、立地の良さ、土地の良さを訴えても、伝わらないだろうと考え、

思い切って、参考プランを平屋にしました。

理由は、

①徒歩圏内に生活施設が全て揃うので、お年を召したご夫婦が暮らしやすい立地である。また、最近は、晩婚化が進み、最初から子供を望まずに、夫婦二人での生活を希望される方もいるので、段差がなくコンパクトに暮らせる平屋ニーズがあると想定

 

②南面に16mの広い間口なので、プランの自由度が高いので、平屋に合っている。

 

の上記2点です。

●自動広告原稿完成シートから制作したチラシ


住宅・工務店・リフォーム・不動産業界向け「A4」1枚アンケートから反響ある広告作り

表面 制作ポイント

①ターゲットコピーを「新築を検討されている夫婦二人暮らしの方へ」とダイレクトに訴求。

②立地が一目でわかるように「イラストマップ」を利用。

③「徒歩圏内に生活施設が全て揃う事」、「日当たりの良い南面に16mの間口」、「自然素材の家」を3つのオススめポイントで伝える。

裏面の制作ポイント

①この土地に合わせて考えた平屋プランを掲載して、「平屋が適している事」を信じてもらう。

②モデルハウスがあるので、実際の建物も見られることを伝え、土地の見学から建物見学も出来る事を告知し、安心してもらう。

住宅・工務店・リフォーム・不動産業界向け「A4」1枚アンケートから反響ある広告作り

●実際の効果


1万枚折込 予約見学3組、予約無し見学1組

申込み1組

●広告主様の感想


チラシに書いてある通りの人が来場されて、申込み。

明大寺町に住んでいて、現在の家は娘さんご夫婦に譲る予定。本人と奥様が、近隣で平屋用の土地を探していた。

●終わりに


2020年6月のコロナ禍で折込んだチラシです。ターゲットを絞り込んで、ちゃんと伝えれば、ターゲット通りの方から反響があります。申し込まれた方は、チラシをよく読んでみえて、「チラシに書いてある事を確かめにきた。」と言われたそうです(笑)。

 私が書いた記事
 この記事を書いている人
system