住宅・工務店・リフォーム・不動産業界向け売れる広告作り

丸投げは危険

2021年3月20日

15年位前から広告が効かなくなったと言われます。

特に新聞の折込チラシは・・・。

原因は、①新聞の購読者が減った。②情報源がネットに移った。と言われます。

もちろん、それも正しい見解です。

でも、3万枚の折込で60組の来場があったとか、20組の問合せがあるので、ずっと、同じチラシを使っているところもあります。

もうひとつの原因として、ちょっと失礼な表現を使いますが、「丸投げ」が多くなった事も原因だと私は考えています。

折込チラシしか販促商材が無かった時は、みなさん、どういう紙面にするか、必死に考えていたはずです。

今は、内容よりも媒体の力のせいにしてしまって、深く考えない習慣になってしまっています。

広告会社にも知らず知らずのうちに「丸投げ」になっていませんか?

「適当に紙面(内容)を考えてもらえませんか?」という発注です。

この発注をしだしたら、黄色の信号が点滅している状態です。